研究業績一覧ACHIEVEMENTS / ARTICLE



(博士課程)医療科学専攻 運動障害リハビリテーション学分野, 理学療法学分野
 Department of Locomotive Rehabilitation Science, Department of Physical Therapy Science
(修士課程)保健学専攻 理学療法学分野
 Department of Physical Therapy Science

BACK

発表論文

2019年     

Ishikawa K, Kajiwara Y, Sakamoto J, Sasaki R, Goto K, Honda Y,Kataoka H, Okita M
Low-intensity muscle contraction exercise following the onset of arthritis improuves hypoalgesia via resuction of joint inflammation and central sensitization in the spinal cord in a rat model.
Neurosci Lett. 2019

Fukushima T, Nakano J, Ishii S, Natsuzako A, Kawachi H, Sakamoto J, Miyazaki Y, Okita M
Influence of hemoglobin level on muscle and physical functions, activities of daily living, and quality of life in patients with hematologic malignancies.
Integr Cancer Ther 18: 1534735419842196, 2019


Fukushima T, Nakano J, Ishii S, Natsuzako A, Hirase T, Sakamoto J, Okita M
Characteristics of muscle function and the effect of cachexia in patients with hematological malignancy.
Eur J Cancer Care(Engl) 28(2): e12956, 2019


Kubo K, Sakamoto J, Honda A, Honda Y, Kataoka H, Nakano J, Okita M
Effects of Twitch Contraction Induced by Magnetic Stimulation on Expression of Skeletal Muscle Fibrosis Related Genes and Limited Range of Motion in Rat.
Am J Phys Med Rehabil 98(2): 147-153, 2019


2018年     

Honda Y, Sakamoto J, Hamaue Y, Kondo Y, Sasabe R, Goto K, Fukusima T, Oga S, Sasaki R, Tanaka N, Nakano J, Okita M
Effects of Physical-Agent Pain Relief Modalities for Fibromyalgia Patients:A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials
Pain Res Manag 2018: 2930632, 2018


Hirasa T, Kataoka H, Inokuchi S, Nakano J, Sakamoto J, Okita M
Effects of Exercise Training Combined with Increased Physical Activity to Prevent Chronic Pain in Community-Dwelling Older Adults:A Preliminary Randomized Controlled Trial.
Pain Res Manag 2018: 2132039, 2018


小関弘展,本田祐一郎,佐々部陵,坂本淳哉,樋口隆志,砂川伸也,尾矧@\拭げ田 ツ
荷重を許容した不動性骨萎縮の皮質骨微細構造解析
理学療法ジャーナル vol.52(8): 771-775, 2018

平瀬達哉,沖田 実
地域高齢者に対するペインリハビリテーション
日本運動器疼痛学会誌 2018:10:217-222

沖田 実
基礎医学的研究を通した生涯学習の展開
理学療法ジャーナル Vol.52(11): 1019-1021, 2018

Fukushima T, Nakano J, Ishii S, Natsuzako A, Hirase T, Sakamoto J, Okita M
Characteristics of muscle function and the effect of cachexia in patients with hematological malignancy
Eur J Cancer Care(Engl). 28(2) ,2019


吉際俊明,佐藤雄也,福田卓民,沖田 実
介護・終末期リハビリテーションにおける拘縮予防
地域リハ 13(9):715-719, 2018

本田祐一郎,坂本淳哉,中野治膜氓ー田 ツ
関節可動域制限に対する基礎研究の動向と臨床への応用
−筋性拘縮の発生機序の解明ならびにエビデンスに基づいた治療戦略の開発を目的とした基礎研究−
理学療法学 Vol.45(4): 275-280, 2018

Fukushima T, Nakano J, Ishii S, Natsuzako A, Sakamoto J, Okita M
Low-intensity exercise therapy with high frequency improves physical function and mental and physical symptoms in patients with hematologic malignancies undergoing chemotherapy.
Euro J Cancer Care(Engl) 27(6): e12922, 2018


沖田 実,本田祐一郎,片岡英樹
拘縮に対する物理療法の臨床実践
理学療法 Vol.35(7): 601-610,2018

Honda Y, Sakamoto J, Hamaue Y, Kondo Y, Sasabe R, Goto K, Fukusima T, Oga S, Sasaki R, Tanaka N, Nakano J, Okita M
Effects of physical-agent pain relief modalities for fibromyalgia patients:A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials
Pain Research and Management (The special issue "Rehabilitation for Patients with Chronic Pain")


沖田 実
不動による疼痛発生のメカニズムとリハビリテーション戦略
Pain Clinic Vol.39: S51-S60, 2018

坂本淳哉
急性〜亜急性期の痛みの取扱い:慢性疼痛の発症を阻止するリハビリテーションの工夫
Pain Clinic Vol.39: S89-S94, 2018

片岡英樹,後藤 響, 坂本淳哉,沖田 実
脊椎圧迫骨折:急性期からの管理と慢性疼痛予防戦略
Pain Clinic Vol.39: S145-S152, 2018

平瀬達哉,沖田 実
地域高齢者の慢性疼痛の実態と予防戦略
Pain Clinic Vol.39: S241-S245, 2018

中野治郎, 坂本淳哉,沖田 実
一次侵害受容ニューロンの構造と機能ならびに病態時の変化
Pain Rehabilitation 8(1): 1-9, 2018

岩佐恭平, 片岡英樹, 中村和也, 田中陽理, 平瀬達哉, 坂本淳哉, 中野治椋, 山下潤一郎, 沖田実
認知行動療法を導入した訪問リハビリテーションにより慢性痛が改善した障害高齢者の一症例
Pain Rehabilitation 8(1): 24-33, 2018

Sakamoto J, Manabe Y, Oyamada J, Kataoka H, Nakano J, Saiki K, Tsurumoto T, Okita M
Anatomical study of the articular branches innervated the hip and knee joint with reference to mechanism of referral pain in hip joint disease patients.
Clin Anat 31(5): 705-709, 2018



Hirase T, Kataoka H, Nakano J, Inokuchi S, Sakamoto J, Okita M
Impact of frailty on chronic pain, activities of daily living and physical activity in community-dwelling older adults: A cross-sectional study.
Geriatr Gerontol Int 18(7): 1079-1084, 2018



小関弘展,堀内英彦,野口智恵子, 本田祐一郎,佐々部陵,坂本淳哉,樋口隆志,尾崎 誠,沖田 実
不動性骨萎縮ラットの大腿骨骨幹端部三次元骨微細構造の経時的変化解明の試み
理学療法 35(1): 79-85, 2018

Hirase T, Kataoka H, Nakano J, Inokuchi S, Sakamoto J, Okita M
Effect of a psychosocial intervention programme combined with exercise in community-dwelling older adults with chronic pain:A randomized controlled trial.
Eur J Pain 22(3): 592-600, 2018.


Honda Y, Tanaka M, Tanaka N, Sasabe R, Goto K, Kataoka H, Sakamoto J, Nakano J, Okita M
Relationship between Extensibility and collagen expression in immobilized rat skeletal muscle.
Muscle Nurve 57(4):672-678, 2018.

2017年     

Kataoka H, Nakano J, Kondo Y, Honda Y, Sakamoto J, Okita M
The influence of aging on the effectiveness of heat stress in preventing disuse muscle atrophy.
Physiol Int 104(4): 316-328, 2017 doi: 10.1556/2060.104.2017.4


濱上陽平,中野治膜氓ク篷椽澪函げ田 ツ
不活動に伴う痛みの発生メカニズムとその治療戦略に関する検討−ラットの実験モデルに対する振動刺激の効果−
日本基礎理学療法学雑誌20(2):8-15,2017

小関弘展,尾崎誠,堀内英彦,本田祐一郎,佐々部陵,坂本淳哉,樋口隆志,砂川伸也,沖田 実
μCTによる不動性骨萎縮の骨微細構造解析
Jpn J Rehabil Med Vol.54 No.9 2017:54:718-723

中野治膜氓セ舒罅―屐な‥臑醋陝げ毒・眸・づ鎮羚斉鵝ざ仰涓朕ァぞ緻醢柁・ぞ庄差照・て鑞嬪了メ
化学療法実施中に低強度の運動療法を行った造血器悪性腫瘍患者の運動機能,倦怠感,精神症状の変化
Palliative Care Research. 12(3): 277-284, 2017


Nakano J, Ishii S, Fukushima T, Natuzako A, Sakamoto J, Okita M
Factors affecting muscle strength in canser patients receiving chemotherapy.
J Nov Physiother Rehabil. 1: 56-66, 2017 doi:10.29328/journal.jnpr.1001008


小関弘展,野口智恵子,中村愛子,宗 彩加,沖田 実
エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)予防スリッパの膝窩静脈血流速度改善効果
日本義肢装具学会誌 Vol.33 No.2: 118-122, 2017

平瀬達哉,片岡英樹,中野治膜氓ョ羝・〔弌ず篷椽澪函げ田 ツ
慢性運動器疼痛を有する高齢者に対する運動介入と教育指導を併用した介護予防プログラムの効果検証:ランダム化比較試験
日本運動器疼痛学会誌(9)1: 71-75, 2017

Hirase T, Kataoka H, Inokuchi S, Nakano J, Sakamoto J, Okita M
Factors associated with chronic musculoskeletal pain in Japanese community-dwelling older adults: A cross-sectional study.
Medicine (Baltimore) 96(23):e7069, 2017


濱上陽平,中野治膜氓ク篷椽澪函げ田 ツ
痛みの末梢機構の再考
Pain Rehabilitation 7(1): 8-15, 2017

沖田 実
CRPSの最新事情 不動化と痛み
Pain Clinic Vol.38 No.4: 464-468, 2017

沖田 実,片岡英樹,濱上陽平,中野治膜氓ク篷椽澪ネ
痛みの Clinical Neuroscience (19) 不活動性疼痛に対するリハビリテーション戦略
最新医学(72)1: 106-109, 2017

Goto K, Sakamoto J, Nakano J, Kataoka H, Honda Y, Sasabe R, Origuchi T, Okita M
Development and progression of immobilization-induced skin fibrosis through overexpression of transforming growth factor-s1 and hypoxic conditions in a rat knee joint contracture model.
Connect Tissue Res 58(6):586-596, 2017


Sasabe R, Sakamoto J, Goto K, Honda Y, Kataoka H, Nakano J, Origuchi T, Koji T, Okita M
Effects of joint immobilization on changes in myofibroblasts and collagen in the rat knee contracture model.
J Orthop Res 35(9):1998-2006, 2017.


Yoshimura A, Sakamoto J, Honda Y, Kataoka H, Nakano J, Okita M
Cyclic muscle twitch contraction inhibits immobilization-induced muscle contracture and fibrosis in rats.
Connect Tissue Res 58(5):487-495, 2017.


Kataoka H, Ikemoto T, Yoshimura A, Shibuya M, Goto K, Yamashita J, Morita K, Sakamoto J, Nakano J, Okita M
Association of early physical activity time with pain, activities of daily living, and progression of vertebral body collapse in patients with vertebral compression fractures: an observational study at single institution.
Eur J Phys Rehabil Med 53(3):366-376, 2017

2016年

沖田 実
特色ある理学療法教育 長崎大学における「痛み」の理学療法教育の展開
PTジャーナル50(8):758-759,2016.

中野治膜氓ク篷椽澪函な匆・兌棟C沖田 シ篠
疼痛に対する物理療法の基礎的背景とエビデンス
理学療法 33(5): 416-423, 2016.

Hirase T, Inokuchi S, Matsuzaka N, Nakahara K, Okita M
Effects of a resistance training program performed with an interocclusal splint for community-dwelling older adults: a randomized controlled trial.
J. Phys. Ther. Sci. 28(5): 1499-1504, 2016.


Yokoyama S, Ohno Y, Egawa T, Yasuhara K, Nakai A, Sugiura T, Ohira Y, Yoshioka T, Okita M, Origuchi T, Goto K
Heat shock transcription factor 1-associated expression of slow myosin heavy chain in mouse soleus muscle in response to unloading with or without reloading.
Acta Physiol. 217(4): 325-337, 2016.


片岡英樹,沖田 実
急性痛に対するリハビリテーション
Pain Rehabilitation 6(1): 7-15, 2016.

田中陽理,片岡英樹,渋谷美帆子,吉村彩菜,山下潤一郎,平瀬達哉,坂本淳哉,中野治膜氓ー田 ツ
保存療法を施行した脊椎圧迫骨折患者の痛みの多面的評価結果からみた特徴
Pain Rehabilitation 6(1): 41-49, 2016.

Nakabayashi K, Sakamoto J, Kataoka H, Kondo Y, Hamaue Y, Honda Y, Nakano J, Okita M
Effect of continuous passive motion initiated after the onset of arthritis on inflammation and secondary hyperalgesia in rats.
Physiol Res. 65(4): 683-691,2016


中野治膜氓セ酘盻嫺燹ず篷椽澪函ぞ妥帖仝隋ご籌薪絢・げ田 ツ
アジュバント誘発炎症モデルラットの皮膚アロディニアに対するリモイスRコートの効果
日本運動器疼痛学会誌 8: 12-19, 2016.


2015年

沖田 実
基礎理学療法領域におけるコア・パラダイム
理学療法学 42(8): 697-698, 2015.

Akazawa S, Kobayashi M, Kuriya G, Horie I, Yu L, Yamasaki H, Okita M, Nagayama Y, Matsuyama T, Akbari M, Yui K, Kawakami A, Abiru N
Haploinsufficiency of interferon regulatory factor 4 strongly protects against autoimmune diabetes in NOD mice. Diabetologia.
Diabetologia 58(11): 2606-2614, 2015.


Hirase T, Inokuchi S, Matsusaka N, Okita M
Effectiveness of a balance-training program provided by qualified care workers for community-based older adults: A preliminary study.
Geriatr Nurs 36(3):219-23, 2015.


Morimoto Y, Kondo Y, Kataoka H, Honda Y, Kozu R, Sakamoto J, Nakano J, Origuchi T, Yoshimura T, Okita M
Heat treatment inhibits skeletal muscle atrophy of glucocorticoid-induced myopathy in rats.
Physiol Res 64(6): 897-905, 2015.


平瀬達哉,片岡英樹,井口 茂,中野治膜氓ー田 ツ
地域在住高齢者における痛みによる日常生活活動制限の違いが運動介入効果におよぼす影響ー痛み,運動機能,身体活動量を指標としてー
Pain Rehabilitation 5(1): 43-48, 2015.

石井 瞬,中野治膜氓ー毒・眸・た青邸[茵ず篷椽澪函げ田 ツ
保存的治療が適応となるがん患者に対する低強度運動が身体活動量,身体・精神症状,QOLにおよぼす影響
Pain Rehabilitation 5(1): 36-42, 2015.

川内春奈,中野治膜氓イ慳醉機Δ坂本淳哉,沖田 ツ
関節リウマチモデルラットの痛みと炎症に対する温熱刺激の影響
日本基礎理学療法学会誌 18(2): 1245-1256, 2015

Hamaue Y, Nakano J, Sekino Y, Chuganji S, Sakamoto J, Yoshimura T, Okita M, Origuchi T
Effects of vibration therapy on immobilization-induced hypersensitivity in rats.
Physical Therapy95(7): 1015-1026, 2015.


Chuganji S,Nakano J,Sekino Y,Hamaue Y,Sakamoto J,Okita M
Hyperalgesia in an immobilized rat hindlimb: Effect of treadmill exercise using non-immobilized limbs.
Neuroscience Letters 584: 66-70, 2015.


Honda Y, Sakamoto J, Nakano J, Kataoka H, Sasabe R, Goto K, Tanaka M, Origuchi T, Yoshimura T, Okita M
Upregulation of interleukin-1β/tansforming growth factor-β1 and hypoxia relate to molecular mechanisms underlying immobilization-induced muscle contracture.
Muscle Nerve52(3): 419-427, 2015.


2014年


吉際俊明,山口淳子,宿野真嗣,福田卓民,桑田美代子,本田祐一郎,沖田 実
療養型病院入院中の障害高齢者における膝関節伸展可動域制限の予防的介入とリスクファクターについて
リハビリテーション連携科学 15(2): 107-113, 2014.

沖田 実
関節可動域制限の発生メカニズムとその治療戦略
理学療法学 41(8): 523-530, 2014.

沖田 実,関野有紀,濱上陽平,大賀智史,寺中 香,中野治膜氓ク篷椽澪ネ
廃用と痛み
MB Med Reha 177:47-53, 2014.

沖田 実,坂本淳哉,本田祐一郎,後藤 響,佐々部陵,田中美帆
関節拘縮ー最新のトピックスー
Locomotive Pain Frontier 3(2):52-54, 2014.

寺中 香,坂本淳哉,近藤康隆,濱上陽平,関野有紀,片岡英樹,中野治膜氓ー田 ツ
ラット膝関節炎モデルに対する患肢の不動ならびに低強度の筋収縮運動が腫脹や痛覚閾値におよぼす影響
PAIN RESEARCH 29(3):152-160, 2014.

Hirase T, Inokuchi S, Matsusaka N, Okita M
Effects of a balance training program using a foam rubber pad in community-based older adults: A randomized controlled trial.
J Geriatr Phys The38(2):62-70,2014.


大賀智史,関野有紀,片岡英樹,中野治膜氓ー田 ツ
ラット足関節不動モデルの骨格筋における痛覚過敏と神経成長因子の変化
日本運動器疼痛学会誌 6(2): 107-113, 2014.

平瀬達哉,片岡英樹,井口 茂,中野治膜氓シ昇篝陣罅げ田 ツ
地域在住高齢者の痛みによる日常生活活動制限に影響を及ぼす因子の検討
日本運動器疼痛学会誌 6(2): 99-106, 2014.

沖田 実
痛み教育の現状と課題−理学・作業療法士の卒前教育を中心にー
Pain Rehabilitation 4(1): 2-7, 2014.

坂本淳哉
痛みの基礎知識−痛みとはなにか?−
Pain Rehabilitation 4(1): 8-14, 2014.

石井 瞬,坂本淳哉,山下正太郎,上原ひろの,夏迫歩美,神津 玲,中野治膜氓ー田 ツ
痛みと身体活動量に対する自己分析ならびにフィードバックにより痛みに対する認知が修正されQOLの向上が認められた多発性脊髄腫の一症例
Pain Rehabilitation 4(1): 27-33, 2014.

Kataoka H, Nakano J, Morimoto Y, Honda Y, Sakamoto J, Origuchi T, Okita M, Yoshimura T.
Hyperglycemia inhibits recovery from disuse-induced skeletal muscle atrophy in rats.
Physiol Res 63(4):465-474, 2014.


Hirase T, Inokuchi S, Matsusaka N, Nakahara K, Okita M.
A modified fall risk assessment tool that is specific to physical function predicts falls in community-dwelling elderly people.
J Geriatr Phys Ther 37(4):159-165, 2014.


Matsumoto Y, Nakano J, Oga S, Kataoka H, Honda Y, Sakamoto J, Okita M
The non-thermal effects of pulsed ultrasound irradiation on the development of disuse muscle atrophy in rat gastrocnemius muscle.
Ultrasound Med Biol 40(7):1578-1586, 2014.


Sakamoto J, Morimoto Y, Ishii S, Nakano J, Manabe Y, Okita M, Tsurumoto T:
Investigation and macroscopic anatomical study of referred pain in patients with hip disease.
J Phys Ther Sci 26:203-208, 2014.


Sekino Y, Nakano J, Hamaue Y, Chuganji S, Sakamoto J, Yoshimura T, Origuchi T, Okita M:
Sensory hyperinnervation and increase in NGF, TRPV1 and P2X3 expression in the epidermis following cast immobilization in rats.
Eur J Pain 18(5):639-648, 2014.


2013年


沖田 実:
疼痛理学療法の教育トピックス
理学療法学 40(8): 508-512,2013.

関野有紀,濱上陽平,中野治膜氓ー田 ツ:
不動に伴う痛みと皮膚の組織学的変化の経時的推移
日本運動器疼痛学会誌 5: 139-143,2013.

中野治郎,中願寺風香
骨格筋の損傷と修復過程
理学療法 30(11): 1245-1256, 2013

Hamaue Y, Nakano J, Sekino Y, Chuganji S, Sakamoto J, Yoshimura T, Origuchi T, Okita M:
Immobilization-induced hypersensitivity associated with spinal cord sensitization during cast immobilization and after cast removal in rats.
J Physiol Sci 63(6): 401-408, 2013.



渋谷美帆子,片岡英樹,西川正悟,村上正寛,山下潤一郎,沖田 実:
高齢者における脊椎圧迫骨折後の痛みに関する実態調査.
Pain Rehabilitation 3(1): 2-5, 2013.

上原ひろの,下迫淳平,石井瞬,山下正太郎,夏迫歩美,神津玲,森本陽介,坂本淳哉,沖田 実:
両下腿痛と強制的な起立練習による負の情動が歩行の阻害因子となったと考えられる小児急性リンパ性白血病の一症例.
Pain Rehabilitation 3(1): 15-20, 2013.

沖田 実,中野治郎,関野有紀,濱上陽平:
ペイン・リハビリテーション:不活動と痛み.
Practice of Pain Management 4(2): 18-22, 2013.

福田卓民,宿野真嗣,吉際俊明,山口淳子,桑田美代子,大塚太郎,本田祐一郎,沖田 実:
療養型病院における膝関節可動域制限の進行予防とチームアプローチの効果.
地域リハビリテーション8 (7):551-554,2013.

Yoshida N, Morimoto Y, Kataoka H, Sakamoto J, Nakano J, Okita M:
Effects of combination therapy of heat stress and muscle contraction exercise induced by neuromuscular electrical stimulation on disuse atrophy in the rat gastrocnemius.
J Phys Ther Sci 25: 201-206, 2013.

Tanaka Y, Nakano J, Hamaue Y, Sekino Y, Sakamoto J, Kataoka H, Okita M:
Hindlimb suspension does not influence mechanical sensitivity, epidermal thickness, and peripheral nerve density in the glabrous skin of the rat hind paw.
Physiol Res 62(1): 119-123, 2013.

2012年


Nakano J, Yamabayashi C, Scott A, Reid WD.:
The effect of heat applied with stretch to increase range of motion: a systematic review.
Phys Ther Sport 13(3):180-188, 2012.


石井 瞬,下迫淳平,坂本淳哉,森本陽介,上原ひろの,山下正太郎,神津 玲,尾崎 誠,松坂誠應,沖田 実:
人工股関節全置換術前後の痛みの発生状況がT字杖歩行自立日数におよぼす影響.
慢性疼痛 31(1):85-89,2012.

Nakano J, Sekino Y, Hamaue Y, Sakamoto J, Yoshimura T, Origuchi T, Okita M:
Changes in hind paw epidermal thickness, peripheral nerve distribution and mechanical sensitivity after immobilization in rats.
Physiol Res 61(6): 643-647, 2012.


坂本淳哉,石井 瞬,下迫淳平,沖田 実:
寒冷療法の生理学的効果.
理学療法 29(9):971-977,2012.

中野治郎,中願寺風香,片岡英樹:
温熱療法の生理学的効果.
理学療法 29(9):978-986,2012.

関野有紀,濱上陽平,中野治郎,沖田 実:
ラット足関節不動モデルの痛みと皮膚における組織学的変化.
日本運動器疼痛学会 14(1):20-27,2012.

沖田 実:
関節可動域制限の発生メカニズムとその対処.
理学療法学 39(4):226-229,2012.

豊田愼一,唐沢延幸,日比野至,坂野裕洋,古川公宣,沖田 実:
坐骨神経損傷の超音波療法による神経再生.
理学療法科学 27(3):279-284,2012.

Sakamoto J, Nakano J, Kataoka H, Origuchi T, Yoshimura T, Okita M:
Continuous therapeutic ultrasound reduces progression of disuse atrophy in rat gastrocnemius muscle.
J Phys Ther Sci 24(3): 443-447, 2012.


Kondo Y, Nakano J, Sakamoto J, Kataoka H, Yokoyama S, Honda Y, Origuchi T, Yoshimura T, Okita M:
Effects of prolonged stretching and thermotherapy on muscle contracture of immobilized rat soleus muscle.
J Phys Ther Sci 24(6): 541-547, 2012.


Foster G, Nakano J, Sheel A, Simpson J, Road J, Reid WD:
Serum skeletal Troponin I following inspiratory threshold loading in healthy young and middle-aged men.
Eur J Appl Physiol 112(10): 3547-3458, 2012.


沖田 実,坂本淳哉,本田祐一郎,佐々部陵,後藤 響:
関節可動域制限の発生メカニズム.
理学療法 29(1):9-16,2012.

2011年


道口康二郎,森本陽介,長谷川隆史,沖田 実:
人工骨頭置換術前・後で膝部から下腿の遠隔部に痛みが長期持続した症例.
日本慢性疼痛学会機関誌 30(1):91-96,2011.

Origuchi T, Sakai T, Sakamoto J, Nakano J, Okita M, Yoshimura T, Eguchi K, Kawakam:
Effects of continuous passive motion on the expression of membrane type 1-matrix metalloproteinase in rat immobilized muscles .
A Health Sci Resh 23(2): 1-6, 2011.


沖田 実,坂本淳哉,中野治郎,近藤康隆,横山真吾,本田祐一郎:
骨格筋の変化からみた拘縮の病態と物理的刺激の影響.
日本整形外科学会雑誌 85:420-425,2011.

沖田 実,中野治郎,坂本淳哉,森本陽介,近藤康隆,濱上陽平:
慢性痛の末梢機構.
日本基礎理学療法学雑誌 14(2):7-13,2011.

Morimoto Y, Kondo Y, Shimosako J, Kozu R, Kataoka H, Sakamoto J, Nakano J, Okita M:
Investigation of Pain in Hip Disease Patients before and after Arthroplasty.
J Phys Ther Sci 23(3): 535-538, 2011.(IF:0.189)


吉村俊朗,川崎涼子,中野治郎,枡田智子,徳田昌紘,中田るか,片岡英樹,佐賀理昭,沖田 実:
事故発生時,生後から思春期と成人であったカネミ油症検診者の骨密度の差.
福岡医学雑誌 102(4):130-133,2011.

2010年


沖田 実,中野治郎,坂本淳哉,横山真吾,近藤康隆,本田祐一郎,濱上陽平:
痛みと拘縮−骨格筋の変化からみた拘縮の病態−.
日本運動器疼痛研究会誌2:31-38,2010.

近藤康隆,坂本淳哉,片岡英樹,沖田 実:
セラピューティック・ストレッチングによる組織変化−骨格筋の変化に由来した拘縮の病態に対して−
理学療法27(8):973-982,2010.

2009年


中野治郎,沖田実:
【マスターの要点 計測学】組織学的計測
理学療法26(9):1150-1158,2009.

友利幸之介,中野治郎,沖田 実:
末梢神経損傷による麻痺筋の萎縮予防と筋力増強.
PTジャーナル43(7):599-606,2009.

吉村俊朗,中野治郎,桝田智子,徳田昌紘,榊原 淳,片岡英樹,沖田 実:
カネミ油症患者の骨密度とPCB,PCQ,PCDF.
福岡医学雑誌100(5):136-140,2009.

友利幸之介,小砂哲太郎,古関友美,中野治郎,沖田 実:
不動がラットヒラメ筋におけるタイプI・IIIコラーゲンmRNAの発現量におよぼす影響.
日本作業療法研究学雑誌12(1):11-15, 2009

Nakano J, Kataoka H, Sakamoto J, Origuchi T, Okita M and Yoshimura T:
Low-level laser irradiation promotes the recovery of atrophied gastrocnemius skeletal muscle in rat
Expl Physiol 94(9):1005-1015,2009.(IF:2.910)


片岡英樹,坂本淳哉,中野治郎,沖田 実:
重力が筋に与える影響.
理学療法26(5):626-632,2009.

坂野裕洋,沖田 実,鈴木重行,井上貴行,吉田奈央,小林由依,高浪美香,林 綾子:
ギプス固定後の再荷重によるラットヒラメ筋の筋線維損傷に対する温熱負荷の影響.
理学療法学36:33-40,2009.

Inoue T, Suzuki S, Hagiwara R, Iwata M, Banno Y, Okita M:
Effects of passive stretching on muscle injury and HSP expression during recovery after immobilization in rats.
Pathobiol 76: 253-259, 2009. (IF: 1.818)


Sakamoto J, Origuchi T, Okita M,Nakano J, Kato K, Yoshimura T, Izumi S, Komori T, Nakamura H, Ida H, Kawakami A, Eguchi K:
Immobilization-induced cartilage degeneration mediated through expression of hypoxia-inducible factor-1alpha, vascular endothelial growth factor, and chondromodulin-I.
Connect Tissue Res 50: 37-45, 2009 .(IF: 1.113)


Okita M, Nakano J, Kataoka H, Sakamoto J, Origuchi T, Yoshimura T:
Effects of therapeutic ultrasound on joint mobility and collagen fibril arrangement in the endomysium of immobilized rat soleus muscle.
Ultrasound Med Biol 35: 237-244, 2009 .(IF: 2.395)

2008年


田川 泰,中野治郎,片岡英樹,西川正悟,坂本淳哉,坂井孝行,近藤康隆,安藤絵美,沖田 実:
局所温熱処置によるラット筋肉内結合組織における紡錘形細胞の増加.
保健学研究 21: 23-28, 2008.


Hibino I, Okita M, Inoue T,Banno Y, Hoso M:
Effect of immobilization on insoluble collagen concentration and type I and type III collagen isoforms of rat soleus muscle.
J Jpn Phys Ther Assoc 11: 1-6, 2008.

吉田大輔,中野治郎,沖田 実:
健康寿命を介護予防施策はどう延ばすか.
Geriatric Medicine 46: 69-71, 2008.

2007年


吉村俊朗,中野治郎,片岡英樹:
カネミ油症検診者の血清アルドラーゼ.
福岡医学雑誌 98: 143-148, 2007.

井上貴行,沖田 実,高橋裕司,原田裕司,鈴木重行:
不動終了後のラットヒラメ筋に対する間歇的伸張運動が関節可動域と筋線維におよぼす影響.
理学療法学 34: 7-11, 2007.

荒木景子,沖田 実,吉田大輔,森まどか,福田幸子,中村眞須美,坂本淳哉,片岡英樹,中野治郎:
不動によるラット骨格筋の廃用性筋萎縮に対する持続的伸張運動と間歇的伸張運動の影響.
理学療法学 34: 88-94, 2007.

片岡英樹,中野治郎,坂本淳哉,沖田 実:
筋萎縮に対する熱刺激を利用した新たなトレーニング方法の提案−動物実験より−.
理学療法学 34: 163-166, 2007.

伊東 元,長澤 弘,古名丈人,沖田 実,赤坂清和,関屋 灯@に招遏ゝラ:
理学療法学におけるアウトカム検証をめざして.
理学療法学 34: 351-354 2007.

沖田 実,坂野 裕洋:
筋力低下のメカニズム.
理学療法 24: 905-913, 2007.

中野治郎,沖田 実,片岡英樹,坂本淳哉:
温熱刺激による筋力増強.
理学療法 24: 954-959, 2007.

坂本淳哉,片岡英樹,西川正悟,山口紗智,伊藤 薫,中野治郎,山下潤一郎,沖田 実:
大腿骨頸部骨折術後の痛みに対する理学療法.
理学療法探求 10: 8-13, 2007.

2006年


友利幸之助,小林隆司,沖田実,中野治郎,吉村俊朗:
末梢神経圧挫後の脱神経筋に対する経皮的電気刺激が筋萎縮と神経再生に及ぼす影響.
作業療法 25: 230-238, 2006.

沖田 実,坂野裕洋,中野治郎:
物理療法効果判定のための評価再考−動物実験による基礎研究を通して−.
日本物理療法学会誌 13: 13-17, 2006.

吉川紗智,渡部由香,片岡紀香,片岡英樹,吉川和代,中野治郎,沖田 実:
ラットヒラメ筋の廃用性筋萎縮の進行抑制に対する低温刺激の影響.
理学療法学 33: 272-278, 2006.

渡部由香,吉川紗智,片岡英樹,片岡紀香,坂本 淳哉,中野治郎,沖田 実:
熱刺激の負荷方法の違いがラット骨格筋の廃用性筋萎縮の進行抑制効果に及ぼす影響−温水浴と電気熱プレートの比較−
理学療法学 33: 355-362, 2006.

折口智樹,沖田 実,坂本淳哉,坂井孝行,中野治郎,吉村俊朗,川上 純,江口勝美:
廃用性筋萎縮におけるタンパク質分解酵素発現の持続的他動運動による抑制.
保健学研究 19: 7-11, 2006.

2005年


Yoshimura T, Nakano J, Okita M, Kikuchi Y, Kitamura T, Ishikawa T:
Compete blood cell counts and blood chemistry in Yusho
J Dermat Sci Supplement 1: 45-55, 2005. (IF: 2.0)

Nakano J, Yoshimura T, Okita M, Motomura M, Kamei S, Matsuo H, Eguchi K:
Laminin-induced autoimmune myositis in rats.
J Neuropathol Exp Neurol 64: 790-796, 2005. (IF: 4.471)


沖田 実,中野治郎,吉田大輔,荒木景子,坂本淳哉,日比野至:
他動的伸張運動(CPM)による拘縮の予防効果−ラットヒラメ筋の筋内膜コラーゲン線維網の形態変化から−
日本物理療法学会誌 12: 61-66, 2005.

吉村俊朗,中野治郎,沖田 実,菊池康樹,木村 喬,石川武彦:
カネミ油症患者における血球数と血液生化学の変化.
福岡医学雑誌 96: 192-203, 2005.

中山彰一,沖田 実,河上敬介,宮津真寿美,加藤 浩,高柳清美,沖田一彦,鈴木重行:
運動器疾患の理学療法と基礎研究の融合・接点.
理学療法学 32: 26-33, 2005.

沖田 実,中野治郎:
基礎理学療法学研究方法論(2) 動物を対象とした基礎理学療法学研究方法論.
PTジャーナル 39: 1001-1008, 2005.

2004年〜

2004年

間歇的伸張運動と持続的伸張運動によるマウスヒラメ筋の廃用性筋萎縮の進行抑制効果について
友利幸之介,中野治郎,沖田 実,中居和代,大久保篤史,吉村俊朗
理学療法科学 19: 31-35, 2004.

Effects of reduced joint mobility on sarcomere length, collagen fibril arrangement in the endomysium, and hyaluronan in the rat soleus muscle
Okita M, Yoshimura T, Nakano J, Motomura M, Eguchi K
J Muscle Res Cell Motility 25: 159-166, 2004 .(IF: 1.721)


等尺性収縮時における肘関節角度が肘関節屈筋群の筋疲労と筋出力に及ぼす影響
東登志夫,鶴崎俊哉,船瀬広三,沖田 実,岩永竜一郎,野口義夫
理学療法科学 19: 121-125, 2004.

アジュバント関節炎ラットの後肢に対する高温,低温刺激の影響
中野治郎,沖田 実,中居和代,友利幸之助,片岡英樹,豊田紀香,吉村俊朗,本村政勝,江口勝美
理学療法学 31: 404-411, 2004.

回復期リハビリテーション病棟における連帯の実際
友利幸之助,浜辺由美子,西本加奈,瀬戸牧子,福江まさ江,中野治郎,辻畑光宏
長崎作業療法 1: 25-32, 2004.

持続的伸張運動と間歇的伸張運動が拘縮と筋線維におよぼす影響−関節固定法と後肢懸垂法を組み合わせたラットの実験モデルによる検討−
西田まどか,沖田 実,鍬塚幸子,岡本眞須美,中野治郎,友利幸之介,吉村俊朗
理学療法学 31: 304-311, 2004.

温熱負荷によるラット骨格筋の廃用性筋萎縮の進行抑制効果について
片岡英樹,沖田 実,中居和代,豊田紀香,吉川紗智,渡部由香,中野治郎
理学療法学 31: 331-336, 2004.

関節可動域制限の病態とその治療法を再考する
沖田 実,中野治郎,日比野至
理学療法探求 7: 1-7, 2004.

振動刺激を利用した関節可動域制限の治療法
中野治郎,沖田 実,坂本淳哉
理学療法探求 7: 24-28, 2004.

関節不動化がラット膝関節の靱帯におよぼす影響
吉田大輔,沖田 実,坂本淳哉,中野治郎,加藤克知
長崎理学療法 5: 1-8, 2004.

2003年

カネミ油症検診者に見られる血清クレアチンキナーゼとアルドラーゼの異常
吉村俊郎,沖田 実,中野治郎,白石祐一,岩永洋一,友利幸之介,岡本眞須美
福岡医学雑誌 94: 97-102, 2003.

関節可動域制限の病態生理
沖田 実
理学療法 20: 603-611, 2003.

結合組織の構造・機能の研究と理学療法
沖田 実,中野治郎
理学療法 20: 719-725, 2003.

更衣動作を中心とした病棟ADL訓練によって生活全般が活性化した一症例
友利幸之介,東登志夫,室谷直美,西本加奈,中野治郎,榊原 淳,長尾哲男
長崎大学医学部保健学科紀要 16: 57-61, 2003.

関節不動化,ならびに持続的他動運動がラット距腿関節の関節軟骨におよぼす影響
坂本淳哉,神谷聖佳,荒木景子,吉田大輔,加藤克知,沖田 実
理学療法探求 6: 20-25, 2003.

ラット足関節の固定期間の延長に伴う拘縮および廃用性筋萎縮の進行について
鍬塚幸子,沖田 実,西田まどか,中野治郎,岡本真須美,吉村俊朗
長崎理学療法4: 7-12, 2003.

ラット前脛骨筋に対する異なる周波数での経皮的電気刺激が筋線維肥大効果に及ぼす影響
中居和代,沖田 実,豊田紀香,片岡英樹,岡本真須美,中野治郎,友利幸之助,吉村俊朗,辻畑光宏
長崎理学療法 4: 18-23, 2003.

廃用性筋萎縮の予防としての温熱負荷の影響に関する研究
沖田 実,中居和代,豊田紀香,片岡英樹,中野治郎,吉村俊朗
理学療法学 30: 63-69, 2003.

脳卒中片麻痺者の立位回転動作について
本多歩美,原田直樹,西本加奈,永田光明子,中居和代,本多京子,大木田治夫,沖田 実
長崎理学療法 4: 27-29, 2003.

不動期間の延長に伴うラット足関節可動域の制限因子の変化−軟部組織(皮膚・筋)と関節構成体由来の制限因子について−
岡本眞須美,沖田実,加須屋茜,中野治郎,鍬塚幸子,西田まどか,友利幸之助,吉村俊朗
理学療法学 30: 36-42, 2003.

2002年

持続的伸張運動の実施時間の違いが関節拘縮の進行抑制効果におよぼす影響−マウスにおける実験的研究−
中田 彩,沖田 実,中居和代,中野治郎,田崎洋光,大久保篤史,友利幸之介,吉村俊朗
理学療法学 29: 1-5, 2002.

骨格筋損傷後の再生単一筋線維におけるミオシン重鎖アイソフォームの発現
山田崇史,和田正信,中野治郎,堤恵理子,梶原博毅
理学療法学 29: 6-13, 2002.

アジュバント関節炎ラットに対する他動的伸張運動が骨格筋におよぼす影響
中野治郎,沖田 実,大久保篤史,友利幸之助,吉村俊朗,本村政勝,江口勝美
長崎理学療法学 3: 13-18, 2002.

脳血管障害患者におけるステップ肢位での重心の移動・保持能力と歩行能力との関連性について
早田康一,西本加奈,沖田 実,武藤晶子,大木田治夫
長崎理学療法 3: 19-23, 2002.

ラットの正常筋ならびに廃用性萎縮筋に対する下り坂走行の影響
片岡英樹,豊田紀香,沖田実,中野治郎,田崎洋光,吉村俊朗
長崎理学療法学 3: 24-29, 2002.

2001年

脊髄半切ラットにおける半切側下肢の過用が脊髄交叉性セロトニン線維の分布におよぼす影響
中野治郎,山田崇史,永野克人,堤恵理子,高木昭輝,梶原博毅,沖田 実
理学療法学 28: 1-6, 2001.

ラットの脱神経筋萎縮に対する持続的伸張運動の影響
深堀栄一,中村仁哉,沖田 実,吉村俊朗,加藤克知,中野治郎
理学療法学 28: 25-27, 2001.

骨盤前後傾の動きに関する基礎的検討
真島京子,原田直樹,津本真美,中居和代,本多歩美,大木田治夫,沖田 実
長崎理学療法 2: 20-22, 2001.

脳血管障害患者のステップ肢位における前後方向への重心移動能力について
草野加奈,平岩幸代,早田康一,武藤晶子,増山美有紀,大木田治夫,沖田 実
長崎理学療法 2: 15-19, 2001.

Effect of ankle disk training combined with tactile stimulation to leg and foot on functional instability of the ankle
Matsusaka N,Yokoyama S,Tsurusaki T,Inokuchi S,Okita M
Am J Sport Med 29: 25-30, 2001. (IF:2.0)


Effects of short duration stretching on disuse muscle atrophy in immobilized rat soleus muscles
Okita M, Toshimura T, Nakano J, Saeki A, Uehara A, Mineshita A, Eguchi K
J Jpn Phys Ther Assoc 4: 1-5, 2001.

Effects of treadmill exercise on muscle fibers in mice with steroid myopathy
Okita M, Yoshimura T, Nakano J, Watabe M, Nagai T, Kato K, Eguchi K
J Jpn Phys Ther Assoc 4: 25-27, 2001.


Activated astrocytes with glycogen accumulation in ischemic penumba during the early stage of brain Infraction: immunohistochemical and electron microscopic studies
Kajihara H, Tsutsumi E, Kinosita A, Nakano J, Takagi K, Takeo S
Brain Res 909: 92-101, 2001 .(IF: 2.218)


骨盤の前傾,後傾の動きに関する検討−片麻痺患者と健常若年者,健常高齢者との比較−
原田直樹,真島京子,津本真美,中野治郎,中居和代,本多歩美,大木田治夫,辻畑光宏,沖田 実
理学療法探求 4: 13-17, 2001.

介護サービスと機能レベルとの関連 −ケアプラン作成の基礎資料として−
川副巧成,沖田 実,池田定倫,真崎美都子
理学療法探求 4: 8-12, 2001.

カネミ油症検診者における血清CK上昇の意義−ラット筋細胞膜のFreeze fracture法による変化−
吉村俊朗,沖田 実,中尾洋子,福田 卓,藤本武士
福岡医学雑誌 92: 184-189, 2001.

脊髄損傷ラットにおける骨格筋Myosin heavy chainアイソフォームの経時的変化
堤恵理子,山田崇史,中野治郎,永野克人,梶原博毅
広島大学保健学ジャーナル 1: 60-64, 2001.

An anatomical case report of the discoid lateral meniscus of the knee joint
Kato K,Okita M,Tahara H,Manabe Y,Kitagawa Y,Oyamada J,Rokutanda A
Bull Sch Allied Med Sci Nagasaki Univ 14: 1-5, 2001.

2000年

弛緩位ならびに伸張位での固定がラットヒラメ筋におよぼす影響
佐伯 彩,沖田 実,吉村俊朗,中野治郎
理学療法学 27: 63-68, 2000.

廃用性萎縮筋が進行したジストロフィー筋に対する等尺性収縮運動の影響-mdxマウスを用いた組織病理学的検索-
中野治郎,沖田 実,吉村俊朗,辻畑光宏,大木田治夫
理学療法学 27: 151-156, 2000.

廃用性萎縮筋,ならびにジストロフィー筋に対する運動負荷の影響
中野治郎,田崎洋光,沖田 実,吉村俊朗
理学療法探求 3: 23-28, 2000.

拘縮の病態とストレッチング
沖田 実,吉村俊朗,中野治郎,佐伯 彩
理学療法探求 3: 29-36, 2000.

拘縮に伴う筋・筋膜の変化
沖田 実
ボバースジャーナル 23: 55-60, 2000.

脊髄半切ラットにおける脊髄交叉性セロトニン線維の経時的変化:歩行運動機能回復との関連について
中野治郎,戸口隆子,山田崇史,永野克人,堤恵理子,高木昭輝,梶原博毅
理学療法の医学的基礎 4: 14-24, 2000.

1999年

廃用性筋萎縮の機能回復に対する等尺性収縮運動の負荷量の影響
中野治郎, 沖田 実, 吉村俊朗, 辻畑光宏
理学療法の医学的基礎 2: 9-12, 1999.

WHO quality of life and its related factors in rheumatoid arthritis patients
Kataoka T, Tahara H, Okita M, Higashi T, Miyahara K, Yoshida Y, Ishimaru M, Kouno M, Taguchi A
Bull Sch Allied Med Sci Nagasaki Univ 12: 7-12, 1999.

カネミ油症検診者における血清クレアチンキナーゼ上昇の要因に関する検討
吉村俊朗,沖田 実,川副巧成,中野治郎,中尾洋子
福岡医学雑誌 90: 246-250, 1999.

マウスの廃用性萎縮筋に対する等尺性収縮運動の影響-その負荷量に着目して-
田崎洋光,中野治郎,沖田 実,吉村俊朗,大久保篤史,佐伯 彩,金ヶ江光生,千葉憲哉
理学療法探求 2: 6-10, 1999.

1998年

mdxマウスの後肢筋群に対する等尺性収縮運動の影響
中野治郎,沖田 実,吉村俊朗,東登志夫,加藤克知,田原弘幸,大木田治夫,辻畑光宏
理学療法学 25: 86-91, 1998.

関節の固定肢位の違いが筋線維ならびに筋内膜コラーゲン線維におよぼす影響
沖田 実,吉村俊朗,中野治郎,田原弘幸,加藤克知
理学療法学 25: 128-134, 1998.

透析歴の長期化が運動機能におよぼす影響
池山睦子,沖田 実,田添起代子
理学療法探求 1: 2-7, 1999.

ALS 患者の在宅療養におけるアプローチ−摂食動作を中心に−
原田直樹,田平隆行,中野治郎,田浦直美,大木田治夫
理学療法探求 1: 22-27, 1998.

高齢者大腿頚部骨折患者の退院後の移動能力に影響をおよぼす要因について
三村国秀,沖田 実,山下潤一郎,伊藤 薫,中野治郎,濱崎 忍,岩永小百合,井手 迪
長崎大医療技短大紀要 12: 25-29, 1998.

高齢入院患者のQOL −老人ディケア利用者と比較して−
阿野美子,東登志夫,沖田 実,谷口照六,長尾哲男
作業療法 17: 273-279, 1998.

Change of H-reflex and M-wave in cryotherapy
Inokuchi S, Okita M, Nakano H, Higashi T, Harada N
Bull Sch Allied Med Sci Nagasaki Univ 11: 1-5, 1998.

Validity and reliability of gait assessment with Benesh Movement Notation for analisis of the walking of adul the hemiplegic patients
Nakano H, Okita M, Inokuchi S, Tsurusaki T, Akiyama T
Bull Sch Allied Med Sci Nagasaki Univ 11: 11-16, 1998.

A study on student's enervation in school for physical therapists
Tahara H, Okita M, Tenma K, Tsurusaki T, Inokuch S, Sakamoto S
Bull Sch Allied Med Sci Nagasaki Univ 11: 25-29, 1998.

Correlation between physical therapist image and motive for entering school
Tahara H, Inokuchi S, Okita M, Tsurusaki T, Higashi T
Bull Sch Allied Med Sci Nagasaki Univ 11: 31-33, 1998.

熱刺激強度の違いが交感神経皮膚反応(SSR)に及ぼす影響
中野治郎,沖田 実,井口茂,中野裕之,東登志夫
長崎大学医療技短大紀要 11: 55-59, 1997.

老人の主観的幸福感に影響を及ぼす諸要因−老人関連施設利用者における検討−
東登志夫,沖田 実,田原弘幸,中野裕之,井口 茂,吉村俊朗,長尾哲男,岩永竜一郎,田平隆行
長崎大学医療技短大紀要 11: 67-71, 1998.

1997年

関節固定がラットヒラメ筋の筋内膜コラーゲン線維網の構築におよぼす影響
沖田 実, 吉村俊朗, 田原弘幸, 加藤克知, 中野裕之, 井口 茂, 中野治郎
理学療法学 24: 23-30, 1997.

長期透析患者の骨・関節障害に対する理学療法の経験
田添起代子,沖田 実,池山睦子
PTジャーナル 31: 492-499, 1997.

A study on motives entering school; The case of physical therapy
Tahara H, Okita M, Tenma K, Inokuchi S, Tsurusaki T, Sakamoto S
J Phys Ther Sci 9: 53-56, 1997.

Validity and reliability of Japanese version of the self esteem inventory
Tahara H, Okita M, Tsurusaki T, Inokuchi S, Higashi T
J Phys Ther Sci 9: 87-92, 1997.

Effect of corticosteroid on muscle fiber and intramuscular connective tissues in mice
Okita M, Nakano J, Watabe M, Nagai T, Tahara H, Yoshimura T, Kato K
J Phys Ther Sci 9: 99-102, 1997.

Polychlorinated Biphenyls (PCB)の末梢神経髄鞘におよぼす影響について
吉村俊朗,沖田 実,上山裕文,伊藤 聖,後藤公文,末松貴史
福岡医学雑誌 88: 211-215, 1997.

カネミ油症検診者におけるクレアチンキナーゼ上昇の意義
吉村俊朗,沖田 実,東登志夫,上山裕文,伊藤 聖
福岡医学雑誌 88: 216-219, 1997.

理学療法MOOK 21 がんの理学療法 化学療法・放射線療法施行患者に対する理学療法
共著,2017年,三輪書店,P106-116(中野治膜气セ舒罅―屐ヒ

領域別症候群シリーズNo33―骨格筋症候群第2版 廃用性筋萎縮
共著,2015年,日本臨牀社,P484-494(中野治膜气ネ匆・兌匿射

関節可動域制限 病態の理解と治療の考え方(第2版)
共著,2013年,三輪書店
(沖田 実・坂本淳哉・本田祐一郎・中野治郎・片岡英樹・近藤康隆)

Pain Rehabilitation−ペインリハビリテーション
共著,2011年,三輪書店
(松原貴子 沖田 実 森岡 周) 

機能障害科学入門
共著,2010年,神陵文庫
(沖田 実 松原貴子 森岡 周 編) 

物理療法 第2版
共著,2009年,神陵文庫
(沖田 実 編)

関節可動域制限 病態の理解と治療の考え方
共著,2008年,三輪書店
(沖田 実・中野治郎・片岡英樹・坂本淳哉・坂井孝行・吉田大輔・他)

理学療法MOOK 3 疼痛の理学療法 慢性痛の理解とエビデンス
共著,2008年5月,三輪書店,P269-283(沖田 実)

理学療法MOOK 3 疼痛の理学療法 慢性痛の理解とエビデンス
共著,2008年,三輪書店,P269-283(沖田 実)

物理療法学テキスト
共著,2008年,南江堂,P33-49,P129-140(沖田 実),P295-304(中野治郎)

実線MOOK理学療法プラクティス 運動機能の回復促通 テクニックとらえかたからアプローチまで
共著,2008年,文光堂,P22-29(中野治郎・沖田 実),P30-38(坂本淳哉・沖田 実)

筋機能改善の理学療法とそのメカニズム −理学療法の科学的基礎を求めて−〔第2版〕
共著,2007年,ナップ,P119-137(沖田 実)

理学療法士のための物理療法臨床判断ガイドブック
共著,2007年,文光堂,P513-527(沖田 実)

公認アスレティックトレーナー専門科目テキスト 第7巻アスレティックリハビリテーション
共著,2007年,文光堂,P72-77(中野治郎・沖田 実)

概説理学療法
共著,2007年,文光堂,P122-P133(沖田 実)

ペイン 臨床痛み学テキスト(訳本)
共著,2007年,エンタプライズ出版部,P285-308(沖田 実)

運動療法 第2版
共著,2005年,神稜文庫,P11-26(沖田 実)

拘縮の予防と治療
共著,2003年,医学書院 ,P37-P48(沖田 実)

踵歩きギプス療法  −heel gait cast−
共著,2002年,医歯薬出版,P13-P32(沖田 実)

物理療法
共著,1998年,神稜文庫,P30-P39,P138-P146(沖田 実)

地域医療の実践-離島医療学-
共著,1992年,神陵文庫,P163-P172(沖田 実)

人にやさしい"まちづくり"-長崎から-(長崎大学公開講座 叢書5)
共著,1991年,大蔵省印刷局,P209-P217,P263-P275(沖田 実)



BACK

バナ