折口 智樹Tomoki Origuchi



 【職位・職種】
教授・医師(リウマチ内科)

【学位】
博士(医学)

【主な研究分野と役割】
関節リウマチの発生メカニズム解明や治療開発に関する研究をしています.主に生化学的解析の指導を行い,当研究室に属する院生の担当指導者にもなってます.  


学歴

昭和61年3月 高知医科大学医学部医学科卒業
昭和61年6月 医師免許取得(第303008号)
平成8年12月 博士(医学)(長崎大学医博乙第1436号)


職歴

昭和61年6月 長崎大学医学部附属病院研修医
昭和62年6月 日本赤十字社長崎原爆病院研修医
昭和63年4月 田川市立病院内科
昭和63年10月 国立小浜病院内科
平成元年7月 国立療養所川棚病院レジデント
平成2年7月 国立長崎中央病院内科
平成3年6月 長崎大学医学部付属病院第一内科医員
平成5年6月 長崎北病院内科
平成6年9月 Western Ontario University, John P. Robarts Research Institute(Atsuo Ochi’s Labo)
平成8年6月 長崎北病院内科
平成9年4月 長崎大学医療技術短期大学部講師
平成11年4月 長崎大学医療技術短期大学部助教授
平成13年10月 長崎大学医学部保健学科助教授
平成18年10月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻助教授
平成20年4月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻教授

学会・社会活動

昭和62年10月 日本内科学会会員(平成10年9月 認定内科医,平成16年12月 総合内科専門医,平成18年7月 指導医),
平成3年6月 日本リウマチ学会会員(平成5年11月 専門医,平成15年3月 指導医,平成14年4月 評議員)
平成3年6月 日本臨床免疫学会(評議員)
平成5年11月 日本リウマチ財団(登録医)
平成5年11月 日本免疫学会
平成8年10月 日本リハビリテーション医学会
平成10年6月 日本炎症・再生学会
平成13年4月 介護支援専門員 (第11-58号)
平成14年4月 日本臨床リウマチ学会(平成24年4月評議員)
平成15年3月 九州リウマチ学会(運営委員)
平成17年2月 日本RAのリハビリ研究会
平成17年4月 日本軟骨代謝学会
平成17年4月 米国内科学会,International member
平成25年11月 米国リウマチ学会,International member

競争的資金

平成10年度
   〜11年度
科学研究費補助金
奨励研究(A)
慢性関節リウマチの骨芽細胞におけるメタロプロテアーゼの発現に関する研究(代表)
平成16年度
   〜18年度
科学研究費補助金
基盤研究(C)
廃用性萎縮筋における免疫生化学的変化の解析およびリハビリテーションの効果(代表)
平成20年度
   〜22年度
科学研究費補助金
基盤研究(C)
関節拘縮による関節軟骨変性メカニズムの解明およびリハビリテーションの効果(代表)
平成24年度
   〜26年度
科学研究費補助金
基盤研究(C)
関節リウマチに対するリハビリテーションの有効性と客観的な評価指標の検討(代表)
平成21年度 厚生労働科学研究費補助金
(難治性疾患克服研究事業)
高VEGF血症を特徴としたRS3PE症候群関連新疾患概念の確立と普及(代表)

受賞歴

第55回日本リウマチ学会ポスター賞(平成23年)
受賞演題名:「RS3PE症候群の臨床的特徴」
平成25年度臨床リウマチ優秀論文賞(平成25年)
受賞演題名:「悪性腫瘍を合併したRS3PE症候群の9例の検討」

主な発表論文

Origuchi T, Yano H, Nakamura H, Hirano A, Kawakami A.Three cases of IgG4-related orbital inflammation presented as unilateral pseudotumor and review of the literature. Rheumatol Int. 33(11):2931-6, 2013.
Origuchi T, Arima K, Kawashiri SY, Tamai M, Yamasaki S, Nakamura H, Tsukada T, Aramaki T, Furuyama M, Miyashita T, Kawabe Y, Iwanaga N, Terada K, Ueki Y, Fukuda T, Eguchi K, Kawakami A. High serum matrix metalloproteinase 3 is characteristic of patients with paraneoplastic remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema syndrome. Mod Rheumatol. 22(4):584-8, 2012.
Origuchi T, Yamaguchi S, Inoue A, Kazaura Y, Matsuo N, Abiru N, Kawakami A, Eguchi K. Increased incidence of pre-diabetes mellitus at a department of rheumatology: a retrospective study. Mod Rheumatol. 21(5):495-9, 2011.
Origuchi T, Iwamoto N, Kawashiri SY, Fujikawa K, Aramaki T, Tamai M, Arima K, Nakamura H, Yamasaki S, Ida H, Kawakami A, Ueki Y, Matsuoka N, Nakashima M, Mizokami A, Kawabe Y, Mine M, Fukuda T, Eguchi K: Reduction in serum levels of substance P in patients with rheumatoid arthritis by etanercept, a tumor necrosis factor inhibitor. Mod Rheumatol 21(3):244-50, 2011.
Origuchi T, Kawasaki E, Ide A, Kamachi M, Tanaka F, Ida H, Kawakami A, Migita K, Eguchi K. Correlation between interleukin 10 gene promoter region polymorphisms and clinical manifestations in Japanese patients with Sjogren's syndrome. Ann Rheum Dis. 62(11):1117-8, 2003.
Origuchi T, Migita K, Kawakami A, Yamasaki S, Hida A, Shibatomi K, Ida H, Kawabe Y, Eguchi K. Atypical mycobacteriosis in two patients with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 12(1):76-9, 2002.
Origuchi T, Migita K, Nakashima T, Honda S, Yamasaki S, Hida A, Kawakami A, Aoyagi T, Kawabe Y, Eguchi K. Regulation of cyclooxygenase-2 expression in human osteoblastic cells by N-acetylcysteine. J Lab Clin Med. 136(5):390-4, 2000.
Origuchi T, Migita K, Nakashima T, Tominaga M, Nakamura H, Nakashima M, Aoyagi T, Kawakami A, Kawabe Y, Eguchi K. IL-1-mediated expression of membrane type matrix-metalloproteinase in rheumatoid osteoblasts. Clin Exp Rheumatol. 18(3):333-9, 2000.
Origuchi T, Migita K, Nakashima T, Tominaga M, Nakamura H, Nakashima M, Aoyagi T, Kawakami A, Kawabe Y, Eguchi K. IL-1-mediated expression of membrane type matrix-metalloproteinase in rheumatoid osteoblasts. Clin Exp Rheumato
Origuchi T, Eguchi K, Kawabe Y, Mizokami A, Ida H, Nagataki S.: Synovial cells are potent antigen-presenting cells for superantigen, staphylococcal enterotoxin B (SEB). Clin Exp Immunol. 99(3):345-51, 1995.

バナ