沖田 実Minoru Okita



【職位・職種】
教授・理学療法士

【学位】
博士(医学)

【主な研究分野と役割】
個人としては,関節拘縮の発生メカニズムの解明とリハビリテーションの効果に関する研究を核としていますが,当研究室の研究内容のすべてを総括しています.  

学歴

平成元年3月 長崎大学医療技術短期大学部理学療法学科卒業
平成元年5月  理学療法士国家試験合格
平成7年3月  佛教大学社会学部社会福祉学科卒業
平成9年3月  長崎大学大学院経済学研究科修士課程修了 修士(経済学)修(経)(長崎大学)
平成9年4月  長崎大学大学院医学系研究科(内科学第一教室)研究歴認定
(平成16年3月まで)
平成16年1月 博士(医学)(長崎大学(乙)第1706号)


職歴

平成元年4月 日本赤十字社長崎原爆病院勤務
(平成4年5月まで)
平成4年6月 長崎大学医療技術短期大学部 助手
(平成13年9月まで)
平成11年10月 長崎大学医学部附属病院理学療法部兼務
(平成13年8月まで)
平成13年10月 長崎大学医学部 助手
(平成16年3月まで)
平成16年4月 学校法人名古屋石田学園星城大学リハビリテーション学部 助教授
(平成19年3月まで)
平成19年4月 学校法人永原学園 西九州大学リハビリテーション学部 准教授
(平成19年9月まで)
平成19年10月 長崎大学 教授
(大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻理学・作業療法学講座,現在に至る)

学会・社会活動

平成元年4月 日本理学療法士協会 会員(現在に至る)
平成9年4月 理学療法の医学的基礎研究会 理事(平成12年3月まで)
平成10年4月 社団法人長崎県理学療法士会 学術部長(平成12年3月まで)
平成12年4月 理学療法の医学的基礎研究会 副会長(平成17年4月まで)
平成12年4月 社団法人長崎県理学療法士会 会誌編集部長(平成16年3月まで)
平成12年4月  日本結合組織学会 会員(現在に至る)
平成12年4月 日本運動生理学会 会員(現在に至る)
平成14年10月 日本物理療法学会 会員(現在に至る)
平成15年7月 社団法人日本理学療法士協会 理学療法基礎系専門部会員(現在に至る)
平成16年9月 社団法人日本理学療法士協会 学術誌部員(平成20年3月まで)
平成17年5月 理学療法の医学的基礎研究会 会長(現在に至る)
平成18年4月 日本体力医学会 会員(現在に至る)
平成20年7月 日本疼痛学会 会員(現在に至る)
平成20年12月 日本運動器疼痛研究会 会員,評議員(現在に至る)

競争的資金

平成12年度
   〜14年度
科学研究費補助金 
基盤研究(C)
拘縮の病態およびその治療法の解明に関する実験的研究(代表)
平成12年度
   〜14年度
科学研究費補助金
基盤研究(C)
持続的他動運動法が萎縮筋メカノレセプターの機能および形態に及ぼす影響に関する研究(分担)
平成14年度 (社)日本理学療法士協会助成研究 廃用性筋萎縮の予防としての温熱刺激の影響に関する研究(代表)
平成15年度 (社)日本理学療法士協会助成研究 アジュバンド関節炎ラットの後肢に対する高温,低温刺激の影響(分担)
平成15年度
   〜17年度
科学研究費補助金 
基盤研究(C)
抗アセチルコリンレセプター抗体陰性,抗MuSK抗体陽性重症筋無力症患者の病態(分担)
平成16年度
   〜17年度
科学研究費補助金 
若手研究(B)
熱刺激による新たな筋萎縮予防方法の開発に関する実験的研究(代表)
平成16年度
   〜18年度
科学研究費補助金 
基盤研究(C)
廃用性筋萎縮における免疫生化学的変化の解析およびリハビリテーションの影響(分担)
平成16年度 (社)日本理学療法士協会奨励基礎研究 筋萎縮,ならびに拘縮に対する超音波療法の効果に関する実験的研究(分担)
平成18年度
   〜20年度
科学研究費補助金 
基盤研究(C)
拘縮の発生メカニズムと運動・物理療法の効果に関する実験的アプローチ(代表)
平成20年度
   〜22年度
科学研究費補助金 
基盤研究(C)
関節拘縮による関節軟骨変性メカニズムの解明およびリハビリテーションの効果(分担)
平成20年度
   〜22年度
長崎大学医学部保健学科長裁量研究プロジェクト 不活動が原因で発生する慢性痛の病態解明に関する調査・実験的研究(代表)
平成21年度
   〜23年度
科学研究費補助金 
基盤研究(B)
関節周囲組織の網羅解析から拘縮の発生メカニズムとリハビリテーションの効果を探る(代表)

受賞歴

第39回日本理学療法学術大会 優秀賞(平成17年5月)
「不動によるラットヒラメ筋の筋内膜コラーゲン線維網の形態変化に対する超音波の影響−拘縮に対する超音波の治療効果の検証−」

主な発表論文

沖田 実,中野治郎,関野有紀,濱上陽平: ペイン・リハビリテーション:不活動と痛み. Practice of Pain Management 4(2): 18-22, 2013.
沖田 実: 関節可動域制限の発生メカニズムとその対処. 理学療法学 39(4):226-229,2012.
沖田 実,坂本淳哉,中野治郎,近藤康隆,横山真吾,本田祐一郎: 骨格筋の変化からみた拘縮の病態と物理的刺激の影響.日本整形外科学会雑誌 85:420-425, 2011.
Okita M, Nakano J, Kataoka H, Sakamoto J, Origuchi T, Yoshimura T: Effects of therapeutic ultrasound on joint mobility and collagen fibril arrangement in the endomysium of immobilized rat soleus muscle. Ultrasound Med Biol 35: 237-244, 2009.
Okita M, Yoshimura T, Nakano J, Motomura M, Eguchi K: Effects of reduced joint mobility on sarcomere length, collagen fibril arrangement in the endomysium, and hyaluronan in the rat soleus muscle. J Muscle Res Cell Motility 25: 159-166, 2004.

バナ