長崎大学大学院医歯薬学総合研究科

保健学系倫理委員会

申請手続き
教員博士課程修士課程客員研究員研究協力員
※各専攻及び講座の倫理委員が
 申請に関する相談窓口となる

  • 1 上記の申請書(①~⑤と⑦~⑨)
    をダウンロードし、
    (一括ダウンロードはこちらから
    /教員・博士)

    (一括ダウンロードはこちらから
    /修士)

    内容を記入してプリントアウトし、
    ①に捺印すること。

    2 ①の「所属分野等の長の氏名」欄に、各専攻主任(※1)の捺印すること。

    ※倫理審査申請の前に、APRINの受講をすること。受講完了後、
    修了レポートは個人で保管しておくこと。
    (修了したかどうかはオンライン上で事務担当者が確認するので、修了レポートの提出は必要ない)
    <APRIN受講アカウントに関する問合わせ先> 教員・大学院(博士課程)の方:総務課研究支援担当者(095-819-7198)に直接ご連絡ください。 客員研究員・研究協力員の方:受入教員を通じて、総務課研究支援担当者にご連絡ください。 大学院生(修士)の方:指導教員を通じて、保健学科学務係にご連絡ください。


  • 3 ①~⑧の順で書類を並べ
    通し番号を打つこと。

    4 3の書類を11部コピーすること(両面コピー可)。
    注意:資料をコピーする前に、「⑨書類チェックリスト」で必ず事前確認をすること。(コピーした資料に不備があると再審査となります。)

    5 目録を1部作成し、書類原本に
    添付すること。 (表紙の【目録例】はこちらから)

    6 45を、倫理審査委員会開催予定日の2週間前の月曜日(開催日の17日前)までに、修士課程大学院生は保健学科学務係あてに、博士課程大学院生・客員研究員・教員は、総務課研究支援担当者宛に提出すること。


  • 7 総務課研究支援担当者より、研究責任者(指導教員)に倫理審査結果及び加筆・修正の箇所について文書が送られる。

    8 倫理審査結果が「委員長確認の上許可」(倫理審査委員長が修正箇所を確認したことを持って許可とする)であれば、指摘事項に基づいて修正し、修正箇所に下線を引く。また修正箇所一覧を示した文書とともに、修正した申請書類一式をPDFデータにして、委員長・総務課研究支援担当に、メールで送付すること。メールのタイトル名は「【R〇保教-XX】〇月〇日保健学系倫理委員会『委員長確認の上許可』再提出について」とし、受付番号と保健学系倫理委員会の開催日を記載すること。

※1看護学専攻主任/大西真由美教授 理学療法学専攻主任/神津玲教授 作業療法学専攻主任/岩永竜一郎教授
※各専攻及び講座の倫理委員が
 申請に関する相談窓口となる

  • 1 上記の申請書(①~⑦と⑨~⑪)
    をダウンロードし、 (一括ダウンロードはこちらから
    /教員・博士)

    (一括ダウンロードはこちらから
    /修士)

    内容を記入・作成してプリントアウトし、①に捺印すること。⑩は必要な場合に個別に作成し添付すること。

    2 ①の「所属分野等の長の氏名」欄に、各専攻主任(※1)の捺印すること。

    ※倫理審査申請の前に、APRINの受講をすること。受講完了後、
    修了レポートは個人で保管しておくこと。
    (修了したかどうかはオンライン上で事務担当者が確認するので、修了レポートの提出は必要ない)
    <APRIN受講アカウントに関する問合わせ先> 教員・大学院(博士課程)の方:総務課研究支援担当者(095-819-7198)に直接ご連絡ください。 客員研究員・研究協力員の方:受入教員を通じて、総務課研究支援担当者にご連絡ください。 大学院生(修士)の方:指導教員を通じて、保健学科学務係にご連絡ください。


  • 3 ①~⑩の順で書類を並べ
    通し番号を打つこと。

    4 3の書類を11部コピーすること(両面コピー可)。
    注意:資料をコピーする前に、「⑪書類チェックリスト」で必ず事前確認をすること。(コピーした資料に不備があると再審査となります。)

    5 目録を1部作成し、書類原本に
    添付すること。 (表紙の【目録例】はこちらから)

    6 45を、倫理審査委員会開催予定日の2週間前の月曜日(開催日の17日前)までに修士課程大学院生は保健学科学務係あてに、博士課程大学院生・客員研究員・教員は、総務課研究支援担当者宛に提出すること。


  • 7 総務課研究支援担当者より、研究責任者(指導教員)に倫理審査結果及び加筆・修正の箇所について文書が送られる。

    8 倫理審査結果が「委員長確認の上許可」(倫理審査委員長が修正箇所を確認したことを持って許可とする)であれば、指摘事項に基づいて修正し、修正箇所に下線を引く。また修正箇所一覧を示した文書とともに、修正した申請書類一式をPDFデータにして、委員長・総務課研究支援担当に、メールで送付すること。メールのタイトル名は「【R〇保教-XX】〇月〇日保健学系倫理委員会『委員長確認の上許可』再提出について」とし、受付番号と保健学系倫理委員会の開催日を記載すること。

※1看護学専攻主任/大西真由美教授 理学療法学専攻主任/神津玲教授 作業療法学専攻主任/岩永竜一郎教授
※直接、長崎大学病院臨床倫理委員会に申請すること
(保健学系倫理委員会での審査は行わない)


  •    ⑩長崎大学病院臨床研究センター

     上記リンク(長崎大学病院臨床研究センター)から【研究者の方へ】をご覧ください。

    ※長崎大学病院の患者を対象とする研究の場合(健常者を対照群においた研究を含む)は長崎大学病院臨床研究倫理委員会に直接申請すること。

    ※倫理審査申請の前に、APRINの受講をすること。受講完了後、
    修了レポートは個人で保管しておくこと。
    (修了したかどうかはオンライン上で事務担当者が確認するので、修了レポートの提出は必要ない)
    <APRIN受講アカウントに関する問合わせ先> 教員・大学院(博士課程)の方:総務課研究支援担当者(095-819-7198)に直接ご連絡ください。 客員研究員・研究協力員の方:受入教員を通じて、総務課研究支援担当者にご連絡ください。 大学院生(修士)の方:指導教員を通じて、保健学科学務係にご連絡ください。



 注意事項は【長崎大学病院の倫理委員会の規約】をご参考ください。(⑩のリンクを参照)

©2017 Graduate School of Biomedical Sciences, Health Science Courses, Ethics Committee. All Rights Reserved.